ディープなNBA・バスケトーク+アメリカ文化

NBAとアメリカンカルチャー中心のブログ

偉大なるビル・ラッセルのコート外の功績と後継者達の戦い

どうも。NBAはかなりオフシーズンも落ち着いてきたとこだが、先週末ビッグニュースが流れた。NBA史上最高のWinner、いやチームスポーツ界史上最高のWinnerであるビル・ラッセルが88歳でなくなった。NBAの歴史を語る上で、ビル・ラッセルを欠かすことはできな…

ケビン・デゥラントの複雑なレガシー

どうも。世の中色んな事が起きている中ではあるが、今日はバスケにフォーカスしてみたい。オフシーズンも始まり次々とトレードやFAが決まっていき、サマーリーグも開幕してNBAは常にノンストップなわけだが、その中でも今回は特にオフシーズン直後にネッツか…

クロスロードに立たされているアメリカ <Roe v. Wadeの意味>

どうも。NBAファイナルやドラフトなどバスケ関連で話したいこともたくさんあるが、今回はアメリカ社会において現在最も重要なことについて考えてみたい。それは最高裁が下したRoe v Wadeの撤回である。 Roe v Wadeはアメリカで妊娠中絶の権利を保障する採決…

なぜ2022年NBAファイナルがウォーリアーズとカリーのレガシーを決定的なものとするか

どうも、とうとうNBAファイナルのカードが決まった。シリーズスタート前に書いた個人的なカンファレンスファイナル予想は若干外れてしまい、セルティックスとウォーリアーズのカードとなった。(セルティックスの勝利は予想したが、第7戦までもつれるとは思っ…

カンファレンスファイナルプレビューとセミファイナル総括

どうも。NBAプレイオフはとうとうカンファレンスファイナルまで到達した。セミファイナルでは、全てが第6戦までいくなど結構見ごたえのあるラウンドであり、2週間わくわくさせてもらえた。個人的にはウォーリアーズとヒートの4勝2敗の予想はぴったりと当てら…

ファーストラウンド総括とカンファレンスセミファイナルプレビュー

どうも。今年のNBAプレイオフもファーストラウンドが終了し、とうとうカンファレンスセミファイナルに突入する。ファーストラウンドは最終的に両カンファレンスともアップセットはなく、シードが高いチームがそのまま勝ち進んだが、中身自体はかなり面白い内…

NBAプレイオフ2022: ファーストラウンドプレビュー!!

どうも。NBAはレギュラーシーズンが終了して、プレイイントーナメントも結構白熱し、6試合中4試合は接戦という非常に見ごたえたがある内容だった。特にクリッパーズ対ペリカンズの最後のプレイオフスポットを決める争いでは、ポール・ジョージがコロナのプロ…

ウィル・スミス問題から見るアメリカと日本のカルチャーの違い

どうも。NBAもかなりヒートアップしており、イーストのトップシードの混戦からウエストも3位以下の順位が分からず、レイカーズはプレイインを逃すという大惨事が起こり、ネッツも9位なるかもしれないなど、色々面白い事が起こっている。が、今回は今更ながら…

大混戦のイースタンカンファレンスを制するのはどこだ!

どうも。久しぶりの投稿となりましたが、今シーズンも残り10数試合とあっという間にプレイオフが迫ってきた。そんな中、今年はイースト、ウエストともにシーズン通して各チームのシード順が混戦となっている。ウエストではサンズが頭一つ抜けているが、グリ…

NBA2021-2022シーズン前半トップMVPチョイス!

どうも。NBAもオールスターブレイクとなり、シーズン前半が終了した。(シーズン前半といっても既に60試合近くが消化されているので、もう3分の2が終わっているのだが) オールスター自体について簡単に言及すると、今年はライジングスターズが50点先取したチ…

NBAトレードデッドライン総評(個人的5大トレード)

どうも。NBAのトレードデットラインが終了した。ここ数年は、NBAのシーズンの中で、クリスマスデー、NBAファイナルに匹敵する重要な日であり、アメリカのスポーツメディアもトレードへのリアクションで大忙しとなる。プレイヤーの力が強くなり、シーズン中の…

NBAオールスター選出の問題とリザーブ候補を考える

どうも。いきなりだが、NBAオールスターが迫ってきたので、今回はここ最近ずっと問題になっているオールスター選出方法と今年オールスターに選ばれるべきプレイヤーを考えてみたいと思う。現地時間の1/28にオールスターのスターターが発表され、10人中9人は…

日本の偏差値至上主義の問題

どうも。いつもはNBAやアメリカ文化について語っていくこのブログですが、本日は少し違う視点で日本の教育の問題について個人的な経験とそこから見える社会の不条理を含めて考えたいと思う。きっかけとしては、先日東大前で起きた高校生2年生による刺傷事件…

ジャ・モラントとグリズリーズの覚醒

どうも。オミクロン株の感染者数が日本でも大量に増えているが、NBAでも猛威を振るい、選手だけでなくコーチやスタッフも隔離を余儀なくされている。それにより、知らない選手や昔懐かしい選手がどの試合でも登場してきており、ゲームのクオリティはかなり下…

デマー・デローザンの活躍とミッドレンジゲームの進化

どうも。コロナのアウトブレイクは年末に向けて更に加速しており、一大イベントのクリスマスゲームも試合自体は非常に面白かったのだが (5戦中4試合が接戦) 、デゥラント、ヤング、ルーカなどスター選手が多く欠場したこともあって物足りなさも残った。NBAと…

NBAのコロナアウトブレイクと今後への影響

どうも。NBAもシーズンの3分の1ぐらいが終了してきたが、コロナのアウトブレイクが止まらない。最初はシカゴ・ブルズで始まりはじめ、イヤニスやハーデン、KDなどのスーパースター含めて各チームで多くの選手が隔離を余儀なくされている。これにより、ロスタ…

ステファン・カリーとNBAにおける3ポイントの歴史

どうも。ステファン・カリーがレイ・アレンの持つ歴代3ポイントの数を後少しで上回りそうということで、アメリカのスポーツメディアが大騒ぎしている最近のNBAだが、その記念として今回はNBAにおける3ポイントの歴史ついてざっくりと書いてみたい。カリーの…

レブロンの衰えとトッププレイヤーの変化

どうも。あっという間に2021-2022シーズンの4分の1が終わり、ある程度各チームの強みと弱みや今年のトップスターなどが見えてきた今日この頃である。 <各カンファレンスのトップチーム> ウエストではウォーリアーズが快進撃でリーグトップの成績を残している…

繰り返される不正義と許され続ける白人

どうも。NBAで書きたいことは一杯あるが、今回はそれよりもっと重要なアメリカの社会、司法制度の問題について議論したい。これまでもジョージ・フロイドの事件をきっかけに、アメリカ社会の白人至上主義について数回書いてきたが、またもアメリカを分断する…

NBAの新しいファールルールについて考える

どうも。NBAシーズンは開幕から2週間ほどたち、なんとなく各チームの傾向が見えてきた。 まずマイアミの強さは際立っており、ケガさえなければネッツとバックスに次ぐイーストのトップ3の1つとなるだろう。オフェンスではバトラー、バム、オフシーズンに加入…

NBA開幕!:第1週から見えた5大注目ポイント

どうも。NBAシーズンも開幕して既に色々と面白い。ベン・シモンズとシクサーズの一騎打ちがが引き続き続いていたり、カイリーとワクチンの状況も全く好転しないが、各チームとも数試合戦い、少し見えてくるものがある気がする。ということで、今回は個人的に…

NBAシーズンプレビューとカイリー vs. ワクチン

どうも。NBAシーズンがまもなく開始する!ここ2シーズンはコロナの影響でスケジュールが後ろ倒しになっていたこともあり、ファイナルが終わってからほんとにあっという間だなという気がして心の準備ができていないが、今シーズンは確実に面白くなる気配があ…

NBA ベストボールハンドラー 歴代Top10!

どうも。今回はまたNBAトピックに戻って、突然だがランキング形式で私的な歴代ボールハンドラーTop10をまとめてみようと思う。以前にはトップダンカーに絞って、インゲームダンカーとダンクコンテストダンカーでそれぞれランキングを作ったのでそちらも是非…

オマーのアメリカンカルチャーにおけるインパクト <The Wire> RIP Michael K Williams

どうも。アメリカではNBAのニュースが非常に少なく、アメリカンフットボールのシーズンが丁度はじまった時期で、アメリカのスポーツ熱は完全にフットボール一色であると言える。フットボールももちろん面白いのだが、今回はスポーツから少し離れてエンタメの…

ベン・シモンズとエージェントの力 (そしてレブロン)

どうも。オリンピックも終わり、フリーエージェンシーも一通り落ち着いて、引き続き小さなトランザクションはあるが、NBAはおそらく現在最も1年で静かな時期であると言える。その為、このブログの更新も怠ってしまっていたが、ここにきて面白いニュースが飛…

Malice at the Palaceドキュメンタリー <変化するプレイヤーとファンのダイナミック>

どうも。オリンピックも終わり無事アメリカが金メダルを獲得したが、デゥラントが他のスターと比べても一枚も二枚も上手であることを証明する大会でもあった。困った時は常にデゥラントが何かしらの形で得点しており、イヤニスに傾きかけていたNBAのベストプ…

ウエストブルックのトレードは失敗するか

どうも。オリンピックが盛り上がりを見せており、様々な競技で話題を呼んでいるが、バスケも例外ではなく、各国でNBA選手もたくさん参加している。なんといっても注目はアメリカ代表なわけだが、初戦でフランスに敗れ、全体的にまとまりなく、1 on1を繰り返…

レジェンドになったGiannis <NBAファイナル総括>

どうも。NBAファイナルが第6戦で終わり、バックスの優勝で幕を閉じた。今回のファイナルは単純に面白かった。特に4〜6試合目は全て接戦で最後まで結果が分からず、両チームが互角の近くを持っていたことがわかる。そして、この4-6戦、更にはファイナル全体で…

クワイ・レナードはNBAの最恐ディーバか

どうも。NBAファイナルがかなり面白い。バックスが2連敗の後3連勝し、第4戦と5戦は最後まで見逃せない接戦となった。デビン・ブッカーの2試合連続40点 (かつ1試合7ファウル)もすばらしい活躍であったが、最も印象に残るのはイヤニスのブロックとダンクであろ…

ベン・シモンズの問題とシクサーズはどうするか + NBAファイナル途中経過

どうも。とうとうNBAファイナルがはじまり、なかなか面白いシリーズとなっている。ここまで3戦が終わり、第1、2戦とも最終的なスコアは10点以上ついていたが、決してバックスとサンズで大きな力の差があるようには見えなかった。結果として第3戦はバックスの…